備中技研協同組合とは

備中技研協同組合本部

それぞれの国の発展に繋がる「人づくり」を行ないます。日本国政府は1990年に従来の研修制度を改正し、より幅広い分野における研修生受入を可能とする途を開きました。

これにより発展途上国にとっては、そのニーズにあった汎用性の高い技術・技能等が移転されやすくなりました。同時に、外国との接点が生まれ、事業の活性化等に役立つようになりました。

備中技研協同組合は財団法人国際研修協力機構(JITCO)の賛助会員として、指導を受けながら、より幅広い分野における外国人技能実習生受入れ事業をおこなっております。

新着写真
トップへ戻る