外国人技能実習制度

日本の企業において発展途上国の若者を技能実習生として受け入れ、実際の実務を通じ実践的な技能、知識を学び、帰国後、母国の経済発展に役立ててもらう事を目的とした公的制度です。

入国した技能実習生は受入れ企業との雇用関係の下で、実践的な技術などの習得を図り、最長3年間の技能実習が行えます。

受入の流れ

受入れ人数枠

トップへ戻る